読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミカミ ポーラのuranaisu

ミカミポーラが福岡は城南区のSalon de uranaisuで書いています。サロンいうても美容院じゃなくて占いするところよ。

夢が叶う体操とグラウンディング

今日はみなさんに、ご家庭やお勤め先、学校などで手軽に出来る
夢が叶う体操をお伝えしたいと思います。

1.まず両足を肩幅に開きます。

2.次に腰を出来るところまで落とします。

3.両足の裏と背骨から尾てい骨、合わせて三ケ所から
 ニョキニョキぶっとい根っこが生えて地面に繋がっていると想像してください。
 三本足の椅子になったつもりでバランスを安定させます。

4.バランスが崩れそうになったらいったん膝を伸ばします。
 屈伸させる必要はありません。

5.余裕のある方は骨盤を前後に振るとよいでしょう。

以上です。

これは第一チャクラを鍛える体操で
第一チャクラは大地のエネルギーを取り込むチャクラ。
第一チャクラは脚の間、ちょうど性器と会陰の辺りにあると言われています。

チャクラは下から順に頭のてっぺんまで7つあり
頭のてっぺんの第7チャクラはあっちの世界と繋がるチャクラ。
あっちの世界というのは神とか宇宙とか天とかそういうところです。

頭のチャクラがやけに大きかったり開きっぱなしだったりすると
言動がだんだん浮世離れして地に足がつかなくなり
神託だか世迷いごとだかわからない発言も増えたりすると言われています。

この状態になるとインスピレーションはばんばん降りてきて
「すっごくいい!」と思うアイデアが次々浮かんでくることもあるのですが
第一チャクラで地に足がしっかり繋がっていないと
閃きを形にするためのエネルギーが不足した状態なので
この地球で物事を具現化するための実行力に乏しい。

いわゆる「頭の中にはあるんだけどね〜」状態ですね。
自分の思いつきを人に実現してもらおうとしたりするので
周りの人も付き合いづらい。

そこでしっかり大地と、地球と、今生の現実と繋がると
生身の体を十分に生かして、夢を具現化することが出来るわけです。

これは私のオリジナルな体操ではなく
スピリチュアル業界では有名なバーバラ・ブレナンさんも
「第一チャクラを開く体操」として
著書「光の手」で図解してご推奨という霊験あらたかな体操です。*1

私のレイキティーチャーの一人である方も
「こうやって腰を落として、はい、ご一緒に」
とその場で実演してくださいました。
夫と先生と私の三人が輪になって空気椅子をする姿はシュールでした。

スピリチュアルとか、占いとか、オカルト方面に携わる人は
現実離れした服装や生活スタイルをしていることが多々ありますが
いわゆるまっとうな常識人であることと
霊的な生活をすることは相克するものではありません。
安定した結果を出しているそっち系の人は
いい意味で意外に常識人でごく普通の人です。

占い師入門」の中に「霊感・直観を磨く」という章があります。

占いの精度を高めるために、占い師は常に、霊感、直観を磨いています。
特別にその方法をお教えしましょう。
規則正しい生活をしたり、いい音楽を聴いたり、適度に体を動かしたり、食事に気を遣ったり、自然を肌で感じればいいのです。
そんな当たり前のこと、と思うでしょうか?(中略)
人間が、高度な文化と文明を築くために手放してきた、五感以外の「生物としての感覚」こそが、「霊感」の正体なのだと、わたしは思います。*2

寒かったら上着を着る、暑かったら日陰に入る。
頭のてっぺんばかり強化されると、こういう現実的な対処を忘れがちです。*3
あの人がどう思っているのか知りたかったら聞いてみる。
成功させたい試験や企画があるなら対策を実行する。
こういう力の源になるのが第一チャクラです。

私はここ数か月、この第一チャクラを開く体操を続けているのですが
確かにそれ以前と比べて夢の実現力がつきました。驚くほどです。
なぜこの体操を始めたかというと
我が家の流し台は、サイズが昭和スケールでえっらい低いんですよ。
洗い物すると腰が痛いんですよ。
それでね、腰を落として洗い物をするようにしてみたんです。ええ。

大腿筋も鍛えられて、脚力がついた分、現在通勤が楽です。
夢が実現できています。いやほんとまじで。

それぞれのチャクラを鍛える体操が図解されている。めざせ体育会系ヒーラー。

*1:光の手・下巻P122

*2:P32

*3:身体から抜け出して宇宙に帰りたがってしまう状態だとバーバラさんは書いている。引越し先に馴染めない人みたいな。