ミカミ ポーラのuranaisu

ミカミポーラが福岡は城南区のSalon de uranaisuで書いています。サロンいうても美容院じゃなくて占いするところよ。

占いの館に所属するメリット、デメリット

こんにちは。福岡の団地妻占い師uranaisuのミカミポーラです。お盆をさかいに嘘のように猛暑が去ったようなんですが、信じていいんでしょうか。

今日は水曜日、週に一度の占いの館出演日です。いつもは夕方からなのですが、今日は開店10時から閉店夜8時まで出演しております。お店の名前を個人ブログで明かすと怒られるので、気になる方はメールかfacebookでお問い合わせくださいませ。

バスは 天神バスセンター前で降りて、天神南駅からすぐの、あのビルですよ。ええ。ちょっと聖地かな?っていうお店がね、同じフロアにございます。ゴニョゴニョ。

f:id:uranaisu:20150818102905j:plain

 この交差点を渡って…ゴニョゴニョ。

ということで今日は占いの館に所属するメリットとデメリットについてお話したいと思います。

 

占いの館や会社に所属するメリット

繁華街の超人気店などいちぶ例外はありますが、基本的に対面型の占いの館に所属してもお客様がつぎつぎに…ということはあまりありません。占いの館のお客様は常連さんが半分以上を占めると言われ、常連さんはお気に入りの先生がいることがほとんどだからです。新人で入った占い師は個人で伝手があるお客様にご連絡を出して来ていただくか、数少ないご新規さんにうまく当たる以外はただただ待機。

 

とはいえ自分でサロンを借りて宣伝してもはじめはそんなものです。しかも誰も来ない時間もサロンには家賃、光熱、通信費など維持費がかかる。でも占いの館ではテナント代や光熱費もお店が負担してくれます。その分鑑定料金から何割か天引きされるのですが、天神の一等地でサロンを持ったらけっこうかかりますからね。冷暖房もきいてるし、長居しても怒られないし、勉強も事務仕事もはかどります。

 私にとって特に大きなメリットはお金の管理や宣伝をおまかせ出来ること。売り上げから事務手数料と家賃と光熱費を別にして…と頭を悩ませずに鑑定料を受け取るだけですむのはとても楽。サロンを借りるとこの辺わけがわからなくなるんですよ。それに会社経由なら面倒な手続きなしでカード払いもお受けできます。

 

また大手の占い会社に所属しているということはお客様の安心感にも繋がります。イベントの出演依頼をいただくときも所属先を提出すると信用度もアップ。「虎の威をかるなんとやら」ですが、だからこそ所属するなら目先の売り上げより信用できるしっかりした店を選んだ方がいいですね。

いま所属している会社は全国展開している大手なので、ブースのデザインやお金の管理、規約や注意事項など、どれもしっかりしていてとても勉強になります。私は間取りを見るのがすきなので、ブースのデザインの使い勝手のよさに感心してしまいました。

 

同僚の先生方から学ばせていただくことも多いです。占いの学校を出た方は占い師仲間がいますが、私は独学なのでほかの先生方と知り合う機会があまりありません。

掛け持ちOKで信用できる占い会社情報、仕事に役立つセミナー、また出店募集中のイベント情報や使い勝手のいいレンタルルーム、サロンを口コミで紹介していただいたり、金銭管理や衣裳、小道具の工夫を間近で見せていただいたり。ラヴィアン蓉子先生は衝立越しに聞こえてくる先輩の鑑定から鑑定の技術を学んだとお聞きしています。

 

私の鑑定スタイルはあるイベントで隣に座らせていただいた先生に大きな影響を受けています。その先生は空き時間にはとにかく勉強!びっしりと書き込まれたノートに新刊雑誌の占い特集の切り抜きをまとめて書き込み、お客様がいらっしゃると一コマの枠でてきぱきとお客様をリードするしっかりとした枠組みを完成させていらっしゃいました。

鑑定してもらう側になって諸先生方から学ぶのも勉強になりますが、空き時間に何をしていらっしゃるのか、さまざまなお客様にどのように対応していらっしゃるのかを学ぶなら占いの館に入ったり、イベントでご一緒させていただくのがよいと思います。

 

サロンでは防犯上異性のお客様を お断りしている先生もいらっしゃいますが、店なら他の先生もいらっしゃるので安心です。サロンは住宅街やマンションの一室など外から見えない場所にありますが、占いの館はテナントビルなど目につくところにあるので、そういった意味でも安心感があります。

 

占いの館や占い会社に所属するデメリット

所属直後は売上が0という日も珍しくありません。お勤めから転職された方はこんな日が続くと「この時間に別の仕事をしてお給料をいただいたほうがよいのでは?」と考えてしまいます。これから占い師になろうと考えていらっしゃる方は占いの館は仕事に協力してくれるけれど、占い師は基本的に独立採算制だと覚えておくとよいと思います。現在お勤めなら、まずはお休みの日を利用してお店に出るのがよいかもしれません。

 

もちろんほかの業種と同じくトラブルが起きることもあります。幸い私はそれほど大きな問題にはまだあっていませんが、やはり商売なのでお客様の多い少ないや常連さんが先生を替えることでムキー!という事態になることもあるそうです。

ある店では売上のある先生とない先生の差が不和のもとになり、日ごとの売上は全額合算して、その日出演していた占い師で山分けすることになったとか。これにはびっくりしました。「お店の売り上げ」という考え方なのでしょうか?

 

また基本的に待機中は自由に過ごしていいのですが、仕事中にゆるされる自由がどこまでかはひとによって違いますよね。占いのあとの浄化にこだわりのある先生がいらっしゃいますが、音叉やマントラ、読経などを使う場合は音漏れの注意が必要です。さすがにスマッジングをなさる先生にお会いしたことはありませんが、香りも気をつけないとね。

こういったことで気を使うのがいやでサロンを持つ方もいらっしゃいます。サロンならお香もオイルも好みのものを焚き放題。音楽もヒーリング効果の高いものを選ぶことができます。占いの館は繁華街にあることも多いので、場所によってはすさまじい騒音に一日中さらされることがあります。

 

パワーストーンなど物販主体の店がサービスとして占い師を置いている場合もあります。このような店では占いの結果が物販に繋がるよう期待されます。商品にポジティブな気持ちが持てなかったり、経営方針に共感できなかったりすると鑑定が重荷になってきます。美容はすきだけど化粧品を売るのが苦痛でエステティシャンを辞めてしまう方と少し似ていますね。これもよく考えてから入店していただきたいと思います。

 

占いの館に所属した場合、通常鑑定料のうち5割前後が店の取り分です。売り上げが10万円なら個人鑑定とくらべて5万円前後の差が出ます。これにがっかりしておやめになる先生も多いです。

ただその分テナント代や光熱費など各種維持費、カード手数料、広告費なども自分持ちですから、どちらの負担が大きいかは仕事の規模にもよります。月に10万円の売り上げなら5万円でサロンを維持するのは難しい。でも月100万円の売り上げなら50万円を所属先に払うよりサロンを持った方がいいかもしれません。事務作業が苦痛でないならサロンを自分の城にするのは楽しいですよ。

 

どちらがいいかは鑑定スタイルと占い師の性格次第

私は以前サロンを借りた先でほかの業種の方から物言いが入って困ったことがあるので、敷金礼金その他を投資して引き上げるより店に所属する方が気楽だといまは思っています。数字をおいかけるのがすっごく苦手だしね。

漫画家の旦那様がいらっしゃるある先生は「いつもアシスタントの方が出入りしているので自宅にお客様がおいでになるのは家族もそれほど抵抗がない」とおっしゃっていました。私の夫は「仕事から帰って知らないひとがいたら緊張する」というので、現在自宅鑑定は控えています。

みなさまの鑑定スタイルはいかがですか?

 

それでは今日もがんばるぞ!以上、バスの中からお届けしました。

 

 

こちらもよろしくね。

uranaisu.hatenablog.com

 

Twitterはこちら @uran_ice ◇ 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ
にほんブログ村

広告を非表示にする