読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミカミ ポーラのuranaisu

ミカミポーラが福岡は城南区のSalon de uranaisuで書いています。サロンいうても美容院じゃなくて占いするところよ。

マスカケ線はいい手相? 悪い手相?

開運 手相

手相、タロット、本格西洋占星術であなたのセルフプロデュースをお手伝い。uranaisuのみかんちゃんことミカミポーラです。

「手相を見てもらったら『あなたはとても悪い手相だ』と言われた。でも別の人からは『とてもいい手相だ』と言われた。どっちが本当なのかわからない」
という方がときどきいらっしゃる。

結論から言うと、こういう場合のいい、悪いは手相として絶対のものではなく、占い師の価値観による場合が多い。


百歳の祖母の手。手相は指と関節のバランス、爪や指紋の形も見て占う。

今回はこういった解釈の違いがなぜ起こるのか、例を挙げてご説明したいと思います。


マスカケ線

マスカケ線という相がある。
知能線と感情線が繋がって一本になり、生命線にくっついている線を言う。
マスカケ線は徳川家康が持っていたことが有名で、「天下取りの相」とも言われる。
このことから非常に強運な手相だと言われる。


絵にすると、右手の場合はひらがなの「て」の字を書いたような線になる。

完璧なますかけ線は珍しい。
でも変形マスカケと呼ばれるものも含めるとわりあいよくお会いする。
変形マスカケの場合は感情線がまっすぐに生命線に繋がっているが、知能線はある。*1

家康は苦労人だった。幼少期は人質生活で、青年期、中年期も政治的な理由でたびたび名前を変ざるをえなかった。

合戦でのみっともない逸話も残っており、華々しい戦歴を残してパッと散る、そんな日本人好みの潔い人生ではなかった。

臥薪嘗胆、苦労の末に掴み取った天下を制度から作り直し、家康は長い江戸時代を築いた。

このことからマスカケ線は大変な苦労をする手相、不運の相だと言う人もいる。

苦労のない人生を幸運と思う人にとってマスカケ線は不運の相。苦労の末に大きな成功を治める人にとっては幸運の相。

ではなぜマスカケ線は試練に遭いやすく、それを勝機にすることが出来るのか。


マスカケ線は幸運、不運、どちらを呼ぶのか

マスカケ線の解説は手相の本にさまざまあるけれど、私は高山東明先生の手相術の解釈がしっくりくる。

◎経営難や再建、など、ピンチにすごい手腕を発揮する人

知能線と感情線が一つになっている人(マスカケ線)はとても精神力が強い根性の人、人生最後の勝利者です。波乱万丈の人生を送りますが、逆境や困難に打ち勝つだけの底力のあるタイプです。…マスカケ線は、逆境や困難に直面しますが、苦労を重ねるほど…困難であるほど活躍、特別な本領を発揮して成功していくでしょう。

手相術 自分の運命が一瞬でわかる―怖いくらい当たる・みるみる開運・決定版 (王様文庫)P174 「知能線」があらわす<適職、隠れた才能>より

マスカケ線の持ち主は一口で言えば頑固で、自己の信念を譲らず、それでいて感情に流されない合理的な判断力を持っている。*2これが逆境を立て直し、勝機を掴むまで諦めないという姿勢を産む。

けれどもそれが栄光に繋がるのは信念や強い願いがある場合で、これといった目標のない人生ではマスカケ線は活かされない。

試合を投げ出さない選手は立派だけれど、つまらないことで我を通す人は嫌われる。

また、マスカケ線の持ち主は面倒見がいいけれど、人の気持ちを読むのは得意ではない。自分のやり方を曲げないので、頑固で融通の利かない人として煙たがられ、結果としてないがしろにされることもある。

このことから「女のマスカケ線は可愛げがない、夫の顔を潰す、離婚や晩婚のもと」と考える人もいる。この場合もマスカケ線が家庭運を壊すのではなく、個性をどう活かすかが結果を左右する。

マスカケ線が不運を呼ぶのではなく、その個性が時に人を逆境に追い込む。
そして周りが諦めろということを諦めずやり抜いた結果、大きな栄光を掴むこともある。

マスカケ線の持ち主にとって肝心な開運法は体調管理。健康で長生きすることだ。*3
「大器は晩成す」とあるように、個性が強い人が円熟し、周囲の理解を得るにも、一生ものの仕事をやり遂げるにも、それなりに時間がかかる。

解釈の違いを差し引いて考える

占いに来る方は「いいことを言われたい、悪いことは信じない」という方と、「よくないところと注意点を知っておきたい」という方がいらっしゃる。

このいいこと、悪いことの中には、それ自体はよくも悪くもなく、使いようだということが結構ある。

なので、いい手相、悪い手相と言われたら、そこで一喜一憂せず、なぜそう解釈するのか聞いてみるといいと思います。そうすると自分でどう活かしたらいいか考えられるからね。

開運を考えて「いい手相」を書き加えり、指ヨガ、手もみをするのも悪くないけど、自分の個性を強みにして、弱点を補う方法を考えるのはもっといいもんね。

まじ決定版。超おすすめ。解釈の脚注がみな前向きで元気でる。

*1:右手の場合、「て」と右斜め上の矢印「↗」を合体させたような形になる。

*2:P74やP154 の知能線、感情線の読み方と合わせて読むとわかりやすい。

*3:家康の手形ではスタミナを表す金星宮が大きく盛り上がっている。数々のストレスにもめげず、家康は75歳まで生きた。