読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミカミ ポーラのuranaisu

ミカミポーラが福岡は城南区のSalon de uranaisuで書いています。サロンいうても美容院じゃなくて占いするところよ。

占い師がオススメする占いの本 西條のゆり著 いちばんやさしい占星術

「占いの館に出るために化粧して着替えてる出勤前に動画撮ればいいじゃん!」と思いついて慌てて撮影しました。
声が小さい!ヘッドフォン推奨。次回から気をつけます。

現役占い師がオススメする占いの本撮影したipodではちゃんと聞こえたんだけど、AndroidスマホとノートPCでは空耳くらいの音しか出てない。
「OH!ニルスその耳をすましてごらん 動物たちのささやき声に」という懐かしい歌を思い出す。
心の耳で聴いてね!
 
占い師がオススメする占いの本 いちばんやさしい占星術上の動画と繋げようとしたんだけどうまくいきませんでした。
 
「いちばんやさしい占星術」西條のゆり著
内容 初心者〜中級者向け
価格 1400円
特徴 ホロスコープ作成CD付き windows98SE以降 MacOS10.0以降
注意点 アスペクト解説なし

・はじめの2章で初心者向けの情報がすべて網羅されている

 ホロスコープの図が天球をどう表しているかの図解、各種記号の解説、用語解説
 12サイン、10天体、12ハウスの解説
 天体、サイン、ハウスごとの組み合わせ解説

・4色刷りで適度に余白があり、読みやすく書き込みもしやすい
 フルカラーで絵がいっぱいだと見て楽しいけど読み込みにはうるさいのでちょうどいい

・解説がみな簡潔でわかりやすい
 特にルーラーを王家の一族として覚える方法がすばらしい!

・付属CDによるホロスコープ作成画面が見やすい
 注)ただしアスペクト表記はなく、円は一つのみ。二重円、三重円は出せない

 アングル、カデント、サクシデントの切り替えボタンがあり、視覚的にハウスを把握しやすい
 三分類、四区分など天体の区分けがチャートの下部に表として出てくる
 記号にすべて日本語の読み仮名がついている

オンラインで簡単にチャートを出せるサイトやアプリは増えているけれど、CDはオフラインに強い。
占星術を知らない方にお見せするさい記号の説明が要らないので助かる。
プリントアウトも簡単。

・「ホロスコープ入門」「ホロスコープを読む」からのテクニックが実践的
 チャート全体からピックアップポイントを拾い上げる具体的な解説が秀逸
 「仕事」「財運」「恋愛・結婚」「学習・旅行」「スピリチュアル」など分野ごとに読む方法

・「未来を読む」からの木星土星を使った年運鑑定方法が使える
 雑誌やスケジュール帳の「今年・来年の運勢」はこの二つだけを使ったものも多い

ということで、一冊読みこめばアスペクト以外のことはあらかた分かるすばらしい本。
私は占い師になってからこの本を読んだのですが、目から鱗が何枚か落ちました。
占星術の基本はシンプルな仕組みに何度も立ち返ること。
曖昧で中傷的な表現が少なく、専門用語をなるだけ使わない説明の仕方も勉強になります。
これだけの薄さで大本のところをきちんと押さえられていて、とても学ぶところの多い本。
 
中高生から現役占い師のみなさんまで幅広くご愛用いただける本だと思います。
そう、愛蔵じゃなく、愛用ね。買って満足する本じゃなく、使うための本なの。
これから独学の方法もお伝えしていきたいので、すでにお持ちの方は読み返してみてください。
置いている図書館もきっとある。書店で見かけたらまずは手に取っていただきたい。