読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミカミ ポーラのuranaisu

ミカミポーラが福岡は城南区のSalon de uranaisuで書いています。サロンいうても美容院じゃなくて占いするところよ。

ユングタロット公開鑑定「恋と夫への愛」

公開鑑定 タロット

昨日の鏡リュウジ先生のセミナー終了後、サイン会の席で
ユング・タロットのカードだけ発売する予定はありませんか」とお聞きしてみました。ないそうです。ガッデム。それどころか絶版になりそうだとのこと。カードは比較的丈夫な作りなのですが、この勢いで使っていたら早年ダメになりそうなので、その場でもう1セット買いました。カードは消耗品です。

せっかくなのでサインしてもらった。「なくなったらプレミアつきますよ」だって。

さて、ユングタロット公開鑑定。
今回は秘密の恋愛のご相談です。

はじめまして。
いつもブログを楽しみに読ませていただいています。
ユングタロットのモニターをお願いしたくて、メールしました。

占っていただきたいことは、私の現状に関してです。

結婚10年以上になる夫とは、長い間セックスレスです。人生のパートナーとしては良い相手なのですが、女として見られていないようだったり、気持ちのすれ違いがあり、夫婦関係の改善努力にも疲れてきました。
そんな折、私がかねてから好意を寄せていた既婚男性に告白されて両思いになったのですが、私の夫や相手の奥様を思うと肉体関係には至れずにいます。
お互い離婚する気は無く、私は夫を尊重したい気持ちがあります。
夫との仲が今後改善する可能性はまだあるのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

「ヒーローダーク」が出ました。

ヒーロー、ヒロインは困難に立ち向かい、命懸けで悪と闘う勇気の象徴です。英雄たちはアニマ、アニムスと違い、苦境に際して現れます。彼らが武器を手にし、防具に身を包んで作戦を練るのはひとえに戦闘のため。英雄には明確な目的があるのです。

英雄の道には幾多の困難があります。彼らがくじけないのは括弧とした信念と、諦めきれない宝があるから。その宝は時に囚われの恋人であったり、人々を救う奇跡の宝物であったりと様々。しかし「我らの英雄」と称賛されるように、そこには必ず誰かを救うために力を尽くすことが関係しています。その動機は愛なのです。

そのため英雄の敵は絶えず彼の(あるいは彼女の)利己心に訴えます。*1この誘惑に敗れると英雄は勝利者から悲劇の主人公になります。

ヒーローダークは悪に打ち負かされそうな悲劇の主人公です。あなたが戦ってきた敵とは何ですか?その動機であった愛は、なぜ弱まってしまったのでしょうか。

ひとつ分かっていることは、あなたへの愛を打ち明けてくれた方に対して、あなたは愛を抱いてはいないと言うことです。もしあなたがその方を愛していたなら、その方への愛はいまあなたを勇気付け、奮い立たせるものとなったでしょう。

そうだとすれば、その方との恋の喜びは、あなたの内なるヒロインをいっそう過酷な状況へと追い込む結果になるのではないかと思います。

英雄はその輝きによって多くの人々を惹き付けます。あなたの内なる輝きに思いを寄せる方が現れたのも不思議ではありません。あなたの内なるヒロインを大切になさってください。そうすれば打ちのめされた悲劇のヒロインとしてではなく、誇り高く勇敢なヒロインとして勝利をおさめ、いつまでも人々の心に生き続けることが出来るでしょう。

☆お客様のご感想☆

鑑定ありがとうございます。
タロットの絵柄を見て、今にも打ち負かされてしまいそうなこの人物は、まさに自分だと思いました。

「あなたが戦ってきた敵とは何ですか?その動機であった愛は、なぜ弱まってしまったのでしょうか。」
これを自分に問うてみました。私が戦ってきた敵とは、自分の中にある何か、越えられない壁のようなものなのかもしれないです。しかし、動機であった愛とか、なぜ弱まったのかはよくわかりませんでした。

彼に対して愛を抱いていないというのは真実かもしれません。彼のことも、夫のことも好きなのですが、それがいわゆる「愛」なのかがわからないのです。深い友愛・家族愛、とでも言えば納得がいくような感じです。

自分の戦ってきた「敵」と、その動機であった愛について、もう少し見つめてみようと思います。
ありがとうございました。

*1:例えばゲーム「ドラゴン・クエスト」で竜王は世界の半分と引き換えに勇者と取引しようとする。