読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミカミ ポーラのuranaisu

ミカミポーラが福岡は城南区のSalon de uranaisuで書いています。サロンいうても美容院じゃなくて占いするところよ。

【占星術】ひとりで学べるホロスコープの読み方 自分の星座はどうやって決まるのか

uranaisu占星術教室 西洋占星術

こんにちは!福岡の団地妻占い師、uranaisuのミカミポーラです。手相、タロット、西洋占星術を中心に昼間は表通りへ出て売卜をなりわいといたし、夜になるとブログで占星術の指南をいたしておりますよ。落語がすきです。

 

さて、ポーラ先生は10月15日からカルチャーサロンJUJIYA天神で占星術教室を開催予定なのですが、「占星術教室に通う時間はないけど、自分でホロスコープが読めるようになりたい!」というあなたのために、今回もポーラが手取り足取りホロスコープの読み方解説をするよ!わたしもむかしは占星術教室なんか通えなかったからね。いっしょにがんばろう。

前回は自分の太陽と月を見つける方法をお勉強しましたね?練習問題やってみた?

やってない?

 

やりなさいよ。

 

占いは語学といっしょ。読んでるだけじゃピンと来ないのよ。まだの人は前回の練習問題やってから今日のところを読んでね。それじゃ今日はホロスコープから季節を知る方法、そして自分の星座を見つける方法お話するよ。

 

太陽と恒星で年月を記録する

まず第二回目の講座で出てきたこの図を見てみよう。

<図2>

これまでの講座を読んできた人は、左が東、右が西という占星術の決まりから考えると、これが夕暮れの図だということはわかるよね。太陽と月の位置を見れば一日のうちどの時間帯のホロスコープかということはわかる。でも正確な時刻はいつごろだと思う?

 

第二回の講座でお話したように、ホロスコープは「時間を見る」という目的で書かれた図。だから図の中に年月日と時間の情報を記してある。だから何月何日なのかがわかれば日没の時間もわかるはず。では何年何月何日かはどこで見るのか?

 

実は恒星の位置を使って年と月と日を記録されているんだね。

 

太陽系の惑星は地球から見るとあちこち動いているように見えるけれど、背後にある恒星は動かない。だから一年を通して太陽がどの恒星の方向に見えるかを覚えておけば、季節がいつかわかるというわけ。

 

春夏秋冬、四季を通して目立つ星に名前をつけて、その星を記号にしたものがこれ。

<図6>

地球から見ると太陽は一年かけてこの星座の上を回っているように見える。*1獣になぞらえられた星が多いから、この12星座を「獣帯(じゅうたい)」という。12の星座は12宮とも呼ばれ、太陽の通り道は黄道(こうどう)とも呼ばれるので、「黄道12宮(こうどう12きゅう)」とも呼ばれるよ。

 

この図では太陽が天秤座の位置にある。だから占星術ではこの日に生まれた人は「天秤座」のグループになる。月は水瓶座にあるね。

 

太陽のサイクル

太陽は一年で獣帯を一周する。そして毎年ほぼ同じ場所に巡ってくる。だから誕生日が同じ人同士は、生まれたときに太陽が近い場所にあったというわけ。

 

星占いの本では「何月何日から何座」と書いてあることが多い。でも太陽は深夜0時ぴったりに次の場所へ移動するわけじゃないから、日にちが同じでも太陽が同じ場所にあったとは限らないんだよね。

 

なるべく正確な出生時間を覚えておくこと!*2

 

自分が生まれた時間に太陽があった位置に、その年の太陽が戻ってくること。これが占星術でのお誕生日。太陽回帰とも呼ばれるよ。そして太陽回帰は前後に1日ずれることもあるんだよね。逆に考えると、たとえば2月29日、うるう年生まれの人も生まれたときの太陽の位置を調べれば、毎年お誕生日を祝うことが出来る。2月29日は4年に一度しかないけれど、太陽は毎年同じ場所へ巡ってくるからね。 

 

練習問題

毎度おなじみさくっとホロスコープ作成の時間です。

さくっとホロスコープ作成 [レポート]

レポートタブをクリックして、生年月日と出生時間、出生時刻、生まれた場所の都道府県を選んでみよう。

出生時間がわからない場合は時間は正午に、生まれた場所は東京都に設定してみよう。

 

問題1 生まれたときに太陽は何座の何度にあったかな?

問題2 生まれたときに月は何座の何度にあったかな?

 

次回は星座から四季をしる方法をお話するよ。お楽しみに。

 

 

前回の講義はこちら!

次の講座はこちら!

 まとめて読むならこちら!

ポーラから直接教わりたい人は「カルチャーサロンJUJIYA天神」へいますぐお電話を!

culture.jeugia.co.jp

そして本で学びたい人には引き続き西條のゆり先生のこちらの本をおすすめします!

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ
にほんブログ村

*1:実際は地球が太陽のまわりをまわっているんだけどね。

*2:生涯に起きた出来事から逆算して生まれた時間を調べる方法もあって、それを専門にしている占い師もいるよ。