読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミカミ ポーラのuranaisu

ミカミポーラが福岡は城南区のSalon de uranaisuで書いています。サロンいうても美容院じゃなくて占いするところよ。

「本物の占い師、霊能者の見分け方」に占い師が反論するよ in 寿司藤けん博多

こんにちは。福岡の団地妻占い師uranaisuのミカミ・ポーラです。今日はこれから博多阪急イベント鑑定3日目。手相、タロット、西洋占星術の3本立てでお送りしているこのイベント、鑑定料は15分1080円で明日は最終日です。お見逃しなく!

さて、このブログに「福岡 占い師」で検索してきた方がいらっしゃるようなので、私も検索してみたところ、福岡県(博多・北九州・久留米・大宰府など)で、よく当たる占い師や霊能者はどこ? - NAVER まとめがヒットしました。お友達の先生も多数紹介されています。しかしちょいちょいはさまれるコメントには業界の片隅で働く者として「これ真に受けたらだめよ」と言わずにいられません。

雰囲気をやわらげるため、今回は博多阪急地下一階うまか食堂寿司 藤けん鮮魚店のにぎりセットとともにお送りしたいと思います。もぐもぐ。

 

裏を取らずに裏読みしすぎ

まずはくらげポン酢。コリコリくらげを紅葉おろしの辛さとポン酢の爽やかさで

 

ネットに悪口の多い占い師は実力派

長く占い師をしているとネット上が悪口だらけになりますが、その悪口を書き込むのは同業の占い師さんが相手の人気を妬んですることがほとんどです。そして悪く書いてあるのに長く占い師がやれるのは、その占い師さんが凄い実力の持ち主である証拠にもなり、お客様が行っているからこそ悪口が多くなります。

我々はそれほど暇ではない。Amazonレビューのように本編に触れない絶賛や酷評に裏があると考えるのは当然ですが、根拠は憶測のみ。どの辺で同業者の妬みだ思ったの?ちなみに占い師として長く仕事が続けられるかどうかはメンタル力、言い換えると面の皮の厚さも関係しているので、悪名高い占い師が実際に悪徳で稼いでいることもあるでしょう。時期や手口など具体的な批判の内容に注意することです。

 

本物の霊視なら名前や生年月日は聞かない

本当の霊視なら名前も生年月日も聞かずに、すぐに質問へ入ることができます。視えているなら当たり前、色々とお客さんの個人情報を聞く霊視や霊感はニセモノ。予約でも受付でも何も聞かない霊能者こそ本物、理屈をつけて色々と聞くのはどう言い訳してもニセモノ。霊能者やスピリチュアルカウンセラーは、特にニセモノが多いので注意。本物は何も聞かずにすぐ質疑応答へ入ります。

 そもそも霊視は占いではなく「うちは占いとは違う!」「うちは霊感なんかじゃない!」と若干敵対関係にある面もあるのですが、このまとめは霊能者もセット。

占術には枠組みがありますが、霊能は才能なので、このやり方が正しくこれは誤りといえるものではありません。名前と生年月日から見えてくる方、写真から見えてくる方などさまざまです。見え方もイメージが浮かぶタイプやキーワードが浮かぶタイプなど断片的なことも多く、お客様に話を聞いて浮かんだものとの繋がりを探るのはおかしなことではありません。こういう話を信じてしまう人は逆に自分の持つイメージに合った「霊能者」の話は鵜呑みにしてしまうので注意が必要です。

 

本物はマスコミに出ない

女性誌などに出ている占い師の多くは記事広告と言うシステム、取材に見せかけた記事広告です。「この占い師に○○~」などの本や「人気占い師ランキング」なども、実際はお金を出した占い師を金額により掲載しているだけ。本物はマスコミに出ないもので、ニセモノほどマスコミに出て宣伝したがります。 

これも主観による憶測。マスコミに取り上げられるかどうかは人脈や運、タレント性などさまざまな要素が関係しているのでよくも悪くも判断基準になりえません。テレビに出ているから能力があるとは言えないし、タレント性のある占い師は実力がないとも言い切れない。*1あえて言うなら宜保愛子先生がテレビに出ていたことを知らない世代なのかなってことよ。雑誌の広告枠は確かに買うことが出来ますが、取材か広告かどうかは注意してみればすぐにわかります。誰でもanan の表紙に名前を書いてもらえるわけではない。また通常占い会社が作る社内ランキングは独自のアルゴリズムで厳正に仕切られていて、お金で操作はできません。ちょっとは裏とってから書けよ。

 

営業力、人間力と占いの腕は別

椎茸とかまぼこの茶碗蒸し。甘い!ちょっとびっくり。福岡味なのかな?

  

寄付やボランティアをしている

人様の運命や未来を見る占い師は、寄付やボランティアをしていた当たり前。自分の為にお金を使うなどもってのほか、特に空前絶後の災害である東日本大震災へ寄付しない占い師はダメ。日頃からどれだけ寄付など社会貢献をしているか、そういう人間性の素晴らしさをみていくと本物とニセモノの違いがよくわかります。 

 誠実で良心的な人に仕事を頼みたいのはもっともですが、それが占いの技術の目安になるかどうかといえば別です。あこぎを絵に描いたような人でも知識と技術はすばらしくガンガン結果を出せる人もいます。当たり前じゃん!鑑定の現場はきれいな相談事ばかりじゃないのよ。ていうか、人間性がすばらしい人は寄付してるなんて声高に言わないから。そもそも自分の稼ぎを自分のために使わないでどうするの?誰かに養ってもらうの?

 

自分のHPを持っている

無料のブログやHPで宣伝しているのは、仕入先の分からないパチ物を販売しているのと同じ。本当にきちんとした占い師さんなら、必ず自分のHPを持っています。自分のHPすら持てない占い師さんが、商売の相談や恋愛の相談に乗るのは本末転倒。自分のHPが無いのは日常の生活にすら困っている証拠、そういう占い師さんに自分の未来を鑑定して貰うと、間違いなく運気が悪くなりろくでもない未来があります。

 有料、無料を問わずブログやHPを持っているのは機械の扱いにそれほど抵抗がない人、あるいは若い世代です。昔はなんでも電話帳だったんだよ!完全口コミ、紹介者のみで看板も出さずにひっそりやっている人もたくさんいます。儲かってるから黙ってるという人も世の中にはいるのよ。また占い会社や館に所属している人は基本的にソロ活動厳禁ですが、所属組にもラヴィアン蓉子先生のような実力派はいます。経営はおまかせして占いに専念したい、お世話になった会社で働き続けたいという先生方です。ていうか、さっき「宣伝するやつは偽物」って書いてなかった?

 

専業、兼業、趣味の多さは占いの信用性の根拠にならない

ばばーん。回らないお寿司。築港が近くて新鮮。握りは一貫ずつ注文も出来ます。

鑑定以外の余計なことをしない

占い師の本分は鑑定、それ以外のことをするのはお客さんがいないから。イベントで鑑定するのは暇だから、フリマで鑑定するのは暇だから、無料鑑定をするのはお客さんを少しでも集めたいから。本当に人気と実力のある占い師さんは、予約が一杯なので事務所から出る暇がなく、そしてパワーストーンなどグッズ販売をする必要もありません。 

専業かどうかは当たる目安になりません。占い会社の面接をパスしてフルタイムで占い師をしていてもデビュー後間もない新人さんもいるし、お客様や占いの店からのオファーはじゃんじゃんくるけれど、さまざまな理由から本人は趣味程度でいいと考えて仕事をセーブしている人もいます。人の秘密や悩み事に向き合い続けるのはなかなかたいへんだしね。

また鑑定時間が短くても料金設定が高めならペイできるのがこの業界。時間が出来たら石と戯れたいという占い師や、ジャニーズを愛でるブログを更新したいといういけだ笑み先生のような方もいらっしゃいます。

 

独立して専業で長いキャリア

占い師は栄枯盛衰の激しい業界、独立して長くやるのはかなり難しい、宣伝もせずにクチコミだけでやれるのは凄いこと。多くの占い師さんは専業ではやれないからお祓いやグッズ販売や占い教室など、副業を持って続けているのが現実。本当に実力のある占い師さんはイベントには出ないし、鑑定だけで毎日の予約が埋まり忙しい。

もうどこから突っ込んでいいのかわからない。長くなるので箇条書きで。

・独立して長く続けられるかどうかは占いの技術より経営手腕による

・宣伝せず口コミで続けられるかどうかは占い技術より人脈による

・グッズ販売を儲けが出るほどの規模にできる人はほとんどいない。だいたい趣味

・霊能者の場合、お祓いはお客様のニーズでもある

・占術を弟子に継承することは特に東洋系では大切なことで副業ではない

・占いを教えてほしいというお客様の要望に応えるのも占い師の仕事

・イベントに出るかどうかは儲けがあるかどうかより主催者との関係による

 

占い師という職業に偏見や夢を見過ぎないこと

お吸い物。ほっこり。食べている最中韓国や中国、英語圏のお客様が店員さんにあれこれ質問していました。阪急はJRと空港に直結していて国際的。

 

このまとめ作者は占いもパン屋や八百屋、運送業や美容業など人の便宜を図るサービスのひとつだということを見落としています。我々占い師はオカルト稼業ではありますが、職業として人を占うというサービスを売っているのです。占いは魔法ではなく人類の処世術のひとつ。占いが出来れば人生が薔薇色で全方位失敗なしなんてことはありません。むしろ占いはそういった身の丈にあわない不毛な願望から人を解放する道具だと私は思います。

世の中には「本物の占い師・霊能者」は世界のあらゆる問題に通じ、その解決策がわかっている人格者で、オカルト稼業だけで経済的な成功をおさめているはずと思っている人がいます。もしもそんな風に見える人がいたら、それ以上に怪しい人はいないし、その人をそんな風に見てしまう精神状態はかなり危険なところにいっていると思います。

 

ほかの仕事もそうですが、中には本当に外れとしかいいようのない仕事をする占い師もいます。またちょうといいタイミングで人生の転換点となる鑑定を受ける人も大勢います。ほとんどの人はその中間です。どうぞ現実的な期待をもって、無理せず払える額の鑑定料を提示している占い師を選んでください。そして評判がよくてもなにか気乗りしないと思ったら、そこへはいかないこと。出がけに鼻緒が切れてもやめたほうがいい。

 

さて、占い師選びは美容師選びと似たところがあるので、今度はそのことを書きたいと思います。

 

イベント帰りにひとりで食べてきたよ。うまうま。

tabelog.com

 

 

 

こちらもよろしくね。

uranaisu.hatenablog.com

 

Twitterはこちら @uran_ice ◇ 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へ
にほんブログ村

 

*1:そもそも占い、霊能には当たる当たらないの差こそあれ、本物も偽物もありません。