読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミカミ ポーラのuranaisu

ミカミポーラが福岡は城南区のSalon de uranaisuで書いています。サロンいうても美容院じゃなくて占いするところよ。

ハードアスペクトでモテる人、ソフトアスペクトでモテる人

人気の鑑定メニューランキング不動のエースは恋愛占いである。
とくに出会いがないというご相談。
「こりゃなかなか出会えないだろうなー」
という星や手相の方も確かにいらっしゃるけれど
「え!」と驚くような美男美女もこの種のご相談にお見えになる。

恋愛は金星と火星を使って占う。
たとえ同性間の恋愛であっても私は金星と火星を使う。
なぜならそれらは肉体的な意味での女性、男性を意味するのではなく
自覚的な男性性、女性性を表すものだから。*1

さて、金星と火星にアスペクトがある人はモテる。
どんなアスペクトでも、ないよりはあった方が異性に反応しやすい。
特にソフトアスペクトは異性との関係がいいのでモテ系といえる。
と、多くの占星術の本には書いてあるが、鑑定しているとそうでもない。

金星、火星にすてきなソフトアスペクトを持っているのに
恋人がいない、結婚相手がみつからないという人は少なくない。
「ハードアスペクトは異性とのトラブルを象徴するから非モテ
と解釈している本も多いけれど、これまたそうでもない。
どちらかというと
金星、火星のハードアスペクトの方が異性と縁がある気がする。

アスペクトを強烈な順に並べると
コンジャンクション(0度)
スクエア(90度)
オポジション(180度)
トライン(120度)
セキスタイル(60度)となる。*2
これは「インパクトの強い順」です。いいですか、覚えておいてくださいね。

ハードアスペクトが古典で凶と呼ばれたのはなぜか。
それは威力がありすぎて制御が難しいから。
マニュアルの大型車みたいなものですね。
対してソフトアスペクトは影響がやわらかく扱いやすい。
考えなくても使える。
いわば5ナンバーのオートマ車
エンジンの大きさは関係する天体の公転周期で考えるといいと思う。

さて、恋愛のはじまりには
曲がり角でぶつかるとか、初対面で喧嘩するとか
何らかのインパクトが必要です。
「もう!なんなの、アイツ!」っていう古典的なアレ。
その点ハードアスペクトは人に自分を印象付ける点で有利といえる。
ソフトアスペクトは作用が自然なのでドラマが生まれにくい。
違和感ない状況で自然に出会って
可もなく不可もない相手とはドラマは起こりにくい。

また太陽、月、金星、火星にアスペクトがない人は
孤立しやすいとか異性と出会いがない
と、多くの本には書かれている。

しかし女性の金星孤立っていったら美女配置ですよ。
美を追求してモデルや女優になっちゃうこともある配置ですよ。*3
火星が孤立してる男性は闘志がすごい。*4
これは目の覚めるようなインパクトを人に与えるし
太陽、月の孤立はキャラが立っているから目立つ。
目立てばドラマが生まれやすい。
シチュエーションが平凡で、当人の言動が普通でも
「ドキッ!・・・なんてカッコいい人なの・・・」とか
「まぶしい!目の覚めるような美人!」とかなる。*5

もちろんソフトアスペクトにも有利な点はある。
警戒心を抱かせずに異性*6に近づけるし
近づいてきた異性と自然に会話が出来る。要するに話しやすい。
いじられキャラだったり、いい人扱いされたりで
異性が寄ってくる。

実際、金星、火星のソフトアスペクトがある人は
手近に恋愛対象になりそうな人がけっこういる。
しかしそこで起きるドラマはささやかなサザエさん風。
ブコメだったりハーレクインだったりではない。
たぶん、ドラマが起こりそうになると
ソフトアスペクトパワーで日常化してしまうのだと思う。

たとえばちょっとした揉め事やイタズラがあるとき
ハードアスペクト持ちは激怒したり凹んだり
あまりのショックに無反応になったりと
何にしても強い反応が起きる。
でもソフトアスペクトは大騒ぎせず
日常的な現象として上手い具合にいなす。

パートナー関係には後者がいい。
平穏な幸せを掴めるから。
恋愛って「夜も眠れない」とか「食べ物が喉を通らない」
穏やかな日常を覆すところがある。
だがそこがいい!

非日常に飛び込みにくいタイプの方は
トランシットの天体のインパクトで恋に落ちたりする。
女性の場合、特に金星と海王星アスペクトは影響が大きい。

また、プログレスはモテ期を知るのに役立つ。
ネイタルとプログレスの太陽、月、金星、火星
これらのアスペクトの影響は確かにある。
私はシナストリーでプログレスのジェンダー天体をよく見る。
有効なのはオーブ1度までといわれているけれど
2〜3度でも効いてるように見えることはある。
相手のリリスにパーソナル天体が乗ると「猫にマタタビ」状態が発動し*7
トランシットでジェンダーを現す天体がリリスに来る時期はモテ期になる。

こうして到来したチャンスに飛び込めるかどうか。
ここでまた道が分かれる。

ハードアスペクト持ちはつきあってからが正念場
ソフトアスペクト持ちはつきあうまでが正念場
そして女性・男性天体が孤立している人は
相手じゃなく自分の方向性を定めることが大切だと思う。

隅から隅まで何度も読んでる。

*1:奇数サインを男性サイン、偶数サインを女性サインと呼ぶけれど、それは能動と受動、陰と陽を表すもので、その星座はその性別の人が多いという意味ではない。

*2:クインカンクス(150度)はどこに位置するか微妙なところ。でもいろいろ見ていると確かに影響力はあると感じる。

*3:たとえばいつまでも若い原田知世は金星孤立。

*4:金星、火星の品位にもよるけれども。

*5:文字通りの意味で容姿がいいかどうかは、言うまでもなく品位やハウスの位置による。

*6:とは限らないけど。

*7:ただし中世である水星は別。