ミカミ ポーラのuranaisu

ミカミポーラが福岡は城南区のSalon de uranaisuで書いています。サロンいうても美容院じゃなくて占いするところよ。

新月&満月の願い事と西洋占星術とボイドの話

新月&満月の願い事について書きました。
このブログをお読みになってこられた方の中にはきっと
「じゃあボイドの場合はどうなの?」
という疑問が浮かんでいらっしゃることと思います。ね?そうだよね?
ということで今回は願い事とボイドについて書きます。

ボイドとは何かというと、月があるサインを出るまで
月から見て約0°、60°、120°、90°、180°の位置に天体がない時間*1
これを「月がボイド・オブ・コースにある」と言う。この時間がボイドタイム、
月はおよそ二日ちょっとでサインを変えるので
だいたい三日に一度くらいの頻度でボイドタイムはやってくる。
けっこう多いよね。時間の長さは数分から数日までさまざま。

ボイドタイムに立てた計画、ボイドタイムに始めたこと
これらは完成を見なかったり、予想外の結果になったりすると言われている。*2
願いごとをするならボイドタイムは外した方がいいかもしれない。

一般的に占星術の本を見ても、個人的な経験を振り返っても
ボイドは感情が揺れやすく、当てが外れやすい。
人だけでなく物も壊れたり動かなかったりする。
Daniel Powter の「BAD DAY」に歌われるような日ですよ。

ボイドに「BAD」なのは主にタイミング

この時間に願掛けをしたらどうなるか。

まず長期的に見ると単純に「願いが叶わないかも」というのがある。
エレクショナル的にはボイドじゃ進展は見込めないもんね。
短期的に見ると、しょうもないこと、要らん事を願いそうな気がする。
ボイド中のご相談はボイド明けにどうでもよくなっていたりするし
「夫の鼻にソーセージがくっつけばいいのに!」みたいな
後で考えたら叶っても困る願いをしそう。
そしてそれが叶っちゃうっていう。
ボイドは物事を無効にする時間と言われているけれど*3
何しろ予想外なんだからどう出るかわからない。

また思い違いが起こりやすい時間でもあるので
カジミのつもりでコンバストまっさかりに願掛けしたり
満月だと思って下弦に入っている月にお財布振ったりしそうだ。

というわけで、ボイドタイムが迫るカジミ、または三日月の日は
願掛けより瞑想の方が向いていると言える。
心が何にも縛られていないボイドタイムはリラックスするには最適。
ゆっくりお風呂に入ったり、静かにお酒飲んだりするのもいい。
 
「今月どうしても月お願いしたいことがあるのに!」
という方は十分に時間を確認した上でカジミを狙うしかない。
太陽と月が重なっている間は、太陽が月を引きとめておいてくれるからね。
ただ、ボイド中は思ってもみなかった解決策が閃くこともあって
それはそれで侮れない。

「uranaisu 月のまじない表 2015」は
新月、三日月、満月、カジミに加えてボイドの記載もございます。
西洋占星術師にはけっこう重要な情報だからな。一部千円で販売中。
お問い合わせはuranaisu.m☆gmail.comまで。☆を@に変えてね!
ついに情報商材に手を出した!と思ったけど、メール鑑定も情報商材だったわ。

現役占い師がおすすめする「月のまじない表2015」

星手帳のすばらしい特徴のひとつはボイドが分単位で記載されていること。

*1:ホラリーでは30度がある場合それも含めることがある。

*2:ボイドの悲惨ながっかり例はこちら

*3:なので狂言の家出とか、復縁するつもりで別れを宣言するとか、追徴課税が出ないことを祈りつつ税金の申告をしたりするのに向いているという説もある。

広告を非表示にする