読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミカミ ポーラのuranaisu

ミカミポーラが福岡は城南区のSalon de uranaisuで書いています。サロンいうても美容院じゃなくて占いするところよ。

新月&満月の願い事と西洋占星術

開運 西洋占星術

昨日2014年最後のスーパームーン中秋の名月と重なっていた。
私のfacebookのタイムラインは月の画像と願い事アナウンスで埋まってた。
ここ数年「満月にお財布を月に向かって振ると金運が上がる」とか
新月に願い事をすると満月に叶う」とか
(またはその時の新月の位置で満月が起きる時に叶うとか)
流行ってるよね。*1
今日は月にまつわる不思議で楽しいお話をさせていただきたいのですが
巷で流行りの満月&新月イベントに若干水を差すお話なので
これらのイベント愛好家のみなさんはそっとじ推奨です。

太陽VS月

占星術用語にはコンバストという言葉がある。
これはある天体が太陽に近づきすぎている状態を指している。*2
西洋占星術で獅子座の支配星太陽は王者に例えられる。
専制君主制にあって王は一人。王は王座を狙う者を許さない。
そこで太陽は近づいてきた天体を「王権を奪いに来た者として切り捨てる」。*3
具体的には太陽に近づきすぎた天体は本来の性質を失い
太陽に支配されることになる。

たとえばネイタルチャートで太陽と水星が重なっていると
その人の話す能力はもっぱら人生のテーマと連動することになる。
何を話していても最終的に仕事のための話しになったりね。
金星が重なっていればその人は無意識に自分の魅力を目的達成のために使う。
結果的に「媚びて世渡り美味しいね!」みたいに陰口叩かれることもある。
じゃあ月だったらどうなるか。
月は感情を表す。つまり感情のありようが太陽に縛られる。
太陽にコンバストされた月は目的達成に不都合な感じ方を無視しがちになる。
「そうしよう」と「そうしたい」が一緒なわけですね。*4
太陽は公を、月は私生活を表すので、公私がないということもある。
いい、悪いということはないけれど、ある意味不自由ではある。

このようなわけで本来占星術では(特にホラリーやエレクショナルでは)
新月、つまり太陽にコンバストされている月に望ましい意味がない。
さらに太陽の真反対に来た天体は太陽と真反対の意見を持つが
王からターゲットにされると真逆の意見を押し付けられることになる。
というわけで満月にもあまりいい意味がない。
ガチ勝負中の満月のピリピリ感が人を狼にしたりしているのかもね。

いわば満月は苦しい立場におかれて痩せ衰えていく月であり
新月は自分の意見を何一つ主張できず、すっかり影が薄くなった月なわけ。*5
このときに願い事されて、月、話聞く余裕あんのかな?って思うじゃんね。

新月」の正体

しかし新月に、あるいは満月に願い事をする習慣は世界各地にある。
同時に満月を見ると気が触れるとか、狼になるという伝承もある。
実はこの「新月」は文字通り太陽と0度になった月ではなく
月が姿を消したのち最初に見えるようになった夜
つまり三日月のことなのですよ。

やっとこ太陽の影響力を脱して自分の道を歩き始めた月
これから満ちて輝きを増していく月
その月に自分の願いを託しましょう、これが新月の願い事なのです。
ちなみに新月と三日月では月の位置が30度近くずれるので*6
新月が何座だったから願い事はそれにちなんだものね!」
と願いをこめても、三日月は違う星座にいるんですね。

なので新月の願い事は月が最初に姿を表した夜に
その月を見ながらするのがおすすめです。
ぴったりタイムが何時かということよりも
「満ちていく月を空に見つけた」
ということが幸運の兆しなわけだからね。
その月がどの星座にいるのかわかるなら
その星座にちなんだ願い事をするといいかもしれない。

そして満月ですが
こちらは先ほど申し上げたように王者太陽とガチ勝負中なわけです。
まあ毎月、毎月負けているわけですけれども
出来ればリングに上がる直前、満月の一日前など、満ちる寸前がおすすめ。
みなぎっちゃってあふれそう!という状態なら
お財布ふりふりもいいかもしれません。

強力だけど短時間!カジミ

そして最後に
強力だけれど時間がぴったりじゃないとアカン願い事タイムをご紹介
しようと思ったけど、だいぶ長くなっちゃったので次回にしました。
プレゼントのお知らせもあるのでお楽しみに。

月に関するおすすめ本。
世界各地の月作法が紹介されている。

月と太陽の古典的解釈を知りたいあなたへ。
こちらも願掛け作法ブックではない。

月についてさらに詳しく知りたい方はこちら。
9月の西洋占星術入門講座 月の満ち欠け編のお知らせ

*1:あと石やカードを月光浴で浄化とか。

*2:太陽と8.5度圏内。

*3:「愛のホラリー占星術」より。この本の比喩表現はわかりやすくて秀逸。

*4:そもそも月は公転周期が一番早いため、人に対する影響力は最強だけど天体同士の影響力では最弱。水星、金星くらいでも乗っかられるとすっかり染まる。

*5:ホラリーでは欠けてゆく月はアクシデンタル(行動力)が弱まるとされる。またコンバストされた月の得点はぐっと下がる。

*6:月は一日で約13度動く。