読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミカミ ポーラのuranaisu

ミカミポーラが福岡は城南区のSalon de uranaisuで書いています。サロンいうても美容院じゃなくて占いするところよ。

マークのコンテンポラリー風水

1月11日、12日に福岡で開催されたコンテンポラリー風水講座に行ってきた。
一日目は基礎的な概念と見方の説明で
二日目はラブリレーションシップがテーマ。

カナダ出身のマーク・エインリーさんによるこの講座は
これまで関東中心に何度も行われたもので
東京を拠点とするテンプルビューティフルが主催だったんだけど
初の九州上陸ということで鹿児島、沖縄、広島、岡山など遠方からの参加者も多く
3人掛けのテーブルが縦11列、横三列の会場が人でいっぱいだった。
中には愛を求めて関東は千葉からお出でになった方もいらっしゃった。
もっと小規模な集まりを想像していたのでびっくり。

二日目の閉会の挨拶では
トイレ掃除信奉者の「サンプラザ中野くん」さんと
断舎離でおなじみのやましたひでこさんがお出でになっていると聞いて
振り返るとぺこりとお辞儀をされるサンプラザ中野くんさんにまたびっくり。

さて、コンテンポラリー風水とは
中国の方位盤を基にしたバグアマップと呼ばれるテーブルを使って
場を9つにエリア分けして場の力を見るもの。
その際方位はまったく無視するので伝統風水家が聞いたら引っくり返ると思う。

この手法で家や部屋を見るやり方自体はオリジナルではなく
ヨーロピアン風水バグア風水おしゃれ風水などの名称で検索すると
欧米中心に活動している人がいろいろ出てくる。
講座の資料の中でもカレン・キングストンの著書が紹介されていた。*1

マークさんの考え方はここに刷り込みの影響を加味したもので
「人は目にしたものの影響を受け、内面を外に表現する。
よって外の世界である住まいを変えることは内面に影響を及ぼし
内面が変化すると外で起きる物事も変化する。」
という概念がベースになっている。

本場台湾などの風水グッズは
専門家が厳格で伝統的な手法に則って作っている。
使う場や扱い方の決まりも多い。効果が絶大な分、取扱い注意でもある。
一方マークさんは物が及ぼす影響は目にしたときの印象によるという考えで
身近なものを使って比較的自由にアレンジが出来るようだった。

たとえばテーブル用のキャンドルであっても
二本並んでいるならそれはパートナーがいることをイメージさせるので
恋愛運の向上に役立つ、とかね。

伝統風水と比べるとあまりの手軽で
My Birthdayのおまじないだってもっと凝ったことするよ?って思うし
数年前、方位全無視という大胆なカレンの本を読んだときは
正直「そんなんで効果あんのか」と非常に胡散臭く感じ
片づけするとすっきりするよね!というところだけを採用したんだけど

今回さまざまな実例を室内写真と共に見せていただいて
また講座開催まで実践してみた自分の経験から
これはお客様にオススメできるものだと思いつつある。

企業はたった15秒のテレビのCMに
何千万円、あるいは億単位の大金をつぎ込む。
なぜなら、たった15秒でも見るもの、聞こえるもの
そしてそれが発するエネルギーは
テレビを通じても人の無意識に働きかける力があるから。

というマークさんの話は腑に落ちる。

以前書斎を模様替えしたことは書いたけれど
実はそのとき寝室も模様替えして、その夜からすぐ大きく変化があったので
次はそのことを書きます。

*1:最近新装版が出たみたい。時間活用の方法が追記されたほかはほぼ変わらず。新 ガラクタ捨てれば自分が見える